センター長あいさつ

 

fuwa.jpg

 信州大学総合情報センターは総合情報処理センターを母体として2009年10月に新たに発足しました。


 旧センターの主な仕事が大学内のネットワーク環境の整備運営であったのに対し,新しいセンターでは加えて大学の情報戦略を担当し,大学全体の情報化を統括・企画し,構築・運用を行います.


 私たちは,常に大学全体を見据えた広い視野からの情報施策の策定と推進により,大学構成員の大学内外での活動がますます活発となり,大学の使命である教育,研究,社会貢献に寄与できると確信しています.


 この目的の実現のためにセンターでは,情報通信基盤を導入管理運営する組織として情報基盤部門,この情報通信基盤を利用する大学構成員に対する支援を行う支援部門,さらに問題解決を既存の技術のみに頼るのではなく自ら長期的観点にたって研究を行う研究開発部門を設けます.


 大学という複雑な組織が持つ多種の情報を包括的に把握することは,大学の中長期的な運営にとって欠かせないものとなっており,このことを念頭にスタッフ一同努力を続けます.


 皆様のご支援をよろしくお願いいたします.

2010年4月      
総合情報センター長    不破 泰