センター長あいさつ

 2020年4月に当センター長に着任いたしました。
_D757336.JPG
 総合情報処理センターを母体として2009年10月に発足した信州大学総合情報センターは、情報通信基盤の導入・管理・運営をおこなう情報基盤機能、この情報通信基盤の利用支援をおこなう支援機能、自ら長期的視点にたって研究をおこなう研究機能を有します。
 発足以来、メンバーの不断の努力により長野県内に分散された5つのキャンパスで構成される信州大学の、安定した情報通信基盤を提供できる状態を実現してきました。

 大学に限らず各所でデジタルトランスフォーメーションやIoT、Society 5.0 などの情報通信技術活用による変革への取り組みが行われており、これまでにない新たな価値の創出に成功している例も見られます。現在はその変革の真っ只中にあると言えます。 

 このような状況の中、当センターでは情報基盤、利用支援、研究の各機能のこれまで以上の連携により、次のステップとして大学における新たな価値の創出への貢献を目指します。皆様からのご指導・ご支援をいただきながら、確実な歩みを続ける所存です。

 よろしくお願いいたします。
2020年4月    
総合情報センター長    原嶋 秀次