センター研究成果発表

センターの研究成果を,2011年12月1日~2日にえんぱーく(長野県塩尻市)で行われた「電子情報通信学会 第1回安全・安心な生活のための情報通信システム研究会」において発表しました.
これらの詳細については,第1回安全・安心な生活のための情報通信システム研究会講演論文集に以下の通り掲載されています.

不破泰:高耐障害性Ad-Hocネットワークを用いた地域見守りシステムの開発について;第1回安全・安心な生活のための情報通信システム研究会講演論文集,ICSSSL2011-01,Dec.2011

野瀨裕昭,本山栄樹, 鈴木彦文,不破泰:無線Ad-Hocネットワークによる地域見守りシステムの開発と評価;第1回安全・安心な生活のための情報通信システム研究会講演論文集,ICSSSL2011-01,Dec.2011

上野大知,本山栄樹,鈴木彦文,不破泰:地域見守りシステムの性能改良を目的としたルーティング決定アルゴリズムの検討;第1回安全・安心な生活のための情報通信システム研究会講演論文集,ICSSSL2011-02,Dec.2011


山本紘資,本山栄樹,鈴木彦文,不破泰:無線Ad-Hocネットワークを用いたバスロケーションシステム;第1回安全・安心な生活のための情報通信システム研究会講演論文集,ICSSSL2011-03,Dec.2011

黒柳 大治,D.K. Asano,鈴木彦文,不破泰:災害検知を目的としたセンサーネットワーク端末に関する一検討;第1回安全・安心な生活のための情報通信システム研究会講演論文集,ICSSSL2011-04,Dec.2011
会場案内